VRヘッドセット、サムスンが4位転落
世界シェア調査

2019/7/18 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本経済新聞社がまとめた2018年の「主要商品・サービスシェア調査」によると、仮想現実(VR)ヘッドセットの世界シェアは首位が交代した。17年首位だった韓国のサムスン電子が4位に転落し、2位だったソニーが1位に順位を上げた。サムスンのスマートフォン購入者にVRヘッドセットを無料提供するキャンペーンが終了したためだ。

米調査会社IDCの調査では18年の世界のVRヘッドセットの出荷台数が前年比27.…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]