新潟の尾畑酒造 「学校蔵」で世界から人呼び込む
(まちづくり 人づくり)

2019/7/17 19:06
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

新潟県佐渡市で廃校となった小学校を酒の仕込み蔵に再生し、体験プログラムを実施しているのが地元、尾畑酒造の「学校蔵」だ。毎年タンク1本につき3~4人を1週間受け入れる。6年目を迎え、最近は外国からの参加者も多い。講師を招いた「特別授業」には島内外から120人が参加するなど、学びを通じた交流の場となっている。

7月6日。4人の研修生が原料の水やコメなどを3回に分けて仕込む「三段仕込み」の作業に取り組…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]