/

この記事は会員限定です

[社説]フェイスブック巨額制裁が意味するもの

[有料会員限定]

米フェイスブックが保有する大量の個人情報が不正に使われた問題をめぐり、米連邦取引委員会(FTC)が同社に円換算で5400億円規模の制裁金を科す方針を決めた。プライバシーを重んじる流れが欧州から米国などにも広がっており、企業は対策を強化する必要がある。

フェイスブックから最大8700万人の個人情報が流出した問題は2018年3月に発覚した。FTCは直後から調査を進め、プライバシー関連での制裁金としては...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り715文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン