JAL、整備士訓練にVRを試験導入 習熟度向上へ

2019/7/17 18:31
保存
共有
印刷
その他

日本航空(JAL)は17日、航空機の整備士の訓練の補完教材として仮想現実(VR)を使った研修を試験導入すると発表した。旅客機のエンジンを試運転する工程をVRで再現。時間や場所を選ばずに訓練ができる利点を生かし、整備士の習熟度を効率的に高める。

システムは東芝システムテクノロジー(東京都府中市)と共同開発した。整備士がブラジル・エンブラエルの小型旅客機「エンブラエル170」「同190」の整備に必要…

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]