2019年8月22日(木)

モブキャスト15%安、新株予約権発行で需給悪化懸念

2019/7/17 20:30
保存
共有
印刷
その他

17日の東京株式市場でスマートフォン向けゲーム配信を手がけるモブキャストホールディングスの株価が急落し、終値は前日比15%(49円)安の270円だった。値下がり率は東証マザーズで首位。前日の取引終了後、新株予約権を発行すると発表した。発行済み株式数が2割強増えるとの需給悪化懸念から売りが膨らんだ。

モブキャストの連結子会社が人気アニメ「エヴァンゲリオン」の新作ゲームを2020年に配信すると11日に発表したことを受け、株価は翌日、389円と年初来高値をつけていた。

短期的な上昇による過熱感や1株利益の希薄化を警戒し、個人投資家を中心に売りが膨らんだとみられる。いちよしアセットマネジメントの秋野充成氏は「上昇時に買い上げた投資家が処分売りに走った」との見方を示す。

新株予約権は4万4500個で当初の行使価格は337円。調達額は約15億円を見込むが、今後の株価で金額は増減する。調達した資金は企業買収の費用などに使うという。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。