/

この記事は会員限定です

「どぶ板」今は昔 有権者データ分析、演説も工夫

[有料会員限定]

選挙カーで名前を連呼し、繁華街を練り歩いて一人ひとりと笑顔で握手する――。昔ながらの選挙運動シーンだが、その裏側では最新のデータ分析の技術が使われ始めている。地域ごとに有権者の傾向を分析して演説内容を工夫したり、SNS(交流サイト)の投稿から自身への評価を推し量ったり。かつては裏方の経験や勘に頼った「どぶ板選挙」も時代と共に変わりつつある。

「ここは居住年数が長い人が多く、投票率は比較的高い」。町...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り970文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン