京葉ガス、FIT切れ電力買い取り 1キロワット時最大10円

2019/7/17 17:42
保存
共有
印刷
その他

京葉ガスは11月から、住宅用の太陽光発電で余った電力を買い取るサービスを始めると発表した。固定価格買い取り制度(FIT)の期間が11月から順次終了するのを見越し、高水準の買い取り価格で顧客を取り込む。

買い取り価格は、同社でガス、電気両方を契約している場合1キロワット時あたり10円(税込み、消費税率10%で計算)、いずれかを契約している場合は同9.5円に設定する。同社と契約していない場合も同9円で買い取る。東京電力の送配電地域を対象とする。

FITは2009年に導入され、11月以降、10年間の買い取り期間が終わる家庭が出てくる。期限切れの家庭は電力会社と契約を継続するか、新たな買い取り先を見つけるか、蓄電池を使って自家消費に回すかを選ぶ必要がある。千葉県内では約1万戸がFITを利用しており、同社の推定では、そのうち1000件程度が11月に期限切れになる模様だ。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]