/

主婦結ぶオンリーワン起業 支えは神戸女学院の出合い

堤香苗キャリア・マム社長(上)

堤香苗キャリア・マム社長

キャリア・マム(東京都多摩市)は全国に10万人の主婦会員を擁し、会員の声を生かした主婦目線のマーケティング事業や女性の就労支援、人材紹介などを手掛ける。同社を設立した堤香苗社長(55)は、関西最古のミッションスクール、神戸女学院で中高6年間を過ごした。聖書を学び、多才な同級生と出会った日々が、オンリーワンの存在を目指し起業した原点にあるという。

(下)フリーアナから出産契機に起業 決断支えた神戸女学院 >>

5年ほど前、講演を頼まれて久しぶりに神戸女学院を訪れた。

女学院の同期がその頃教頭を務めていて「講演に来てくれない?」と誘われました。女性のキャリアや一人ひとりの「らしさ」を大切にした生き方を応援する企業を経営しているので、声をかけてくれたようです。

ちょうど体育祭直前の時期で、私の話の前に体育部長の高校生がスピーチをしました。「実は部活の人間関係に悩んでいた。けれど、家族に不幸があって苦しい時期を過ごしていたとき、同級生や先生方がサポートしてくれた。やっぱりこの学校でよかったと思ったから、体育祭はがんばります」。彼女はそんな話をしました。

泣きました。私の人生の道筋も平坦ではなくいろいろありましたけれど、女学院に支えてもらってきたことを一気に思い出しました。

生まれは千葉県ですが、小学校4年生のとき神戸市に引っ越しました。生まれつき心臓に穴が空いていて、3歳までもつかわからないと医者にいわれていたような病弱な子どもでした。父もいくつも病気をして、年を取ってからは障害者手帳をもっていました。普通のサラリーマンで、決して裕福な家庭ではなかったけれど、「お金は残せないが学問は一生の財産になるから、神戸女学院を受けたらどうか」と勧めてくれたのです。

父が女学院を勧めてくれた一番大きな理由は、特色ある英語教育だった。

英語の授業はネーティブと日本人の先生が担当するのですが、特に中学の3年間は日本語を一切使用しないで授業が進むのです。

英語の授業の初日の風景は、今でも覚えています。教室に先生が入ってきたと思ったら、ネーティブの先生が「Stand up! Stand up!」と言いながら、ジェスチャーして立つように促すんです。同級生はみんなぽかーんとして「立つのかなあ」とぞろぞろ立つ。すると先生が「Bow! Bow!」「Sit down」って。ああ、起立、礼、着席か。一事が万事、そうやって英語を英語で理解していくのです。

中学1年の1学期中間テストまではアルファベットさえ習いません。英語の音をしっかり身につけるため、すべて発音記号で勉強しました。thの音とか、日本人は同じ「ア」と発音しがちなcatとsunの母音の違いとか。徹底的にたたき込まれます。高校生になるとさすがに文法を日本語で習うようになりますが、辞書だって英英辞典が基本と言われ続けた6年間でした。大学受験のころはもちろん、その後、フリーアナウンサーになった時に逐次通訳ができるレベルの英語力を身につけられたのも、女学院の英語教育のたまものだったと思います。

中学時代、日本史の粟飯原敬江先生から大きな影響を受けた。

「経営者になって社員を雇う立場になってから、聖書の話の重みを感じるようになりました」と語る

今でもはっきり覚えている光景があります。昭和史を勉強していたとき、先生は教科書をぱたんと閉じて、私たちの方をまっすぐみすえて、こうおっしゃいました。「教科書にはこう書いてあります。でも、教科書に書いてあることがすべてではないと思いませんか」

先生の言葉は、まだ10代前半の私には衝撃でした。教職という立場にある人が教科書の内容に異議をとなえ、自分の考えをはっきり主張してもいる。自分の思うことを言葉にして話していいんだ。この時の先生の姿から私はこう学びました。今、KY(空気を読めない)ってよく言いますよね。でもね、KYでもいいじゃないと思うのです。もちろん、相手を傷つける言葉はダメですが、意見はどんどんぶつけ合って、私はこう思う、あなたは違う意見なのね、ということを、どんな立場にあっても言い合っていいんだと、先生から教えられました。この姿勢は私の原点になっています。

聖書を学んだことも、私の軸になりました。神戸女学院は1875年に米国からやってきた2人の女性宣教師が設立した学校です。学校の永久標語「愛神愛隣」は新約聖書マタイによる福音書にある「心を尽くし、精神を尽くし、思いを尽くして、あなたの神である主を愛しなさい」「隣人を自分のように愛しなさい」という有名な一節からきています。

もうひとつ、聖書の中で最も心に残っている話がヨハネによる福音書にある「姦淫の女」です。姦淫した女が、村の人たちに責められている。そこにイエスが呼ばれ、モーセの律法は姦淫した女を石で打てと説くが、イエス、あなたはどうするか、と問われます。イエスは「あなた方の中で罪のない者が、石を投げつければ良い」と答えます。村の人たちはだれも石を投げず去って行きます。イエスは「私もあなたの罪を定めません」と女に語りかけます。何があったとしても、私もあなたも同じである。あなたに罪があると言い定めることはしません、と。

「となりにいる人を自分のように、神のように愛する。立場の違いがあっても、あなたと私は同じ」。経営者になって社員を雇う立場になってから、これらの言葉や聖書の話の重みを感じるようになりました。どんな相手でも相手の存在を受け入れるという気持ちを、人や組織と対峙するときに一番大切にしてきました。

校則もほとんどなく、自由な校風の神戸女学院には、多才な人たちが集まっていた。

特に、私たちの100回生は実に多様でした。中学に入るまで、大変な自信家だった私ですが、入学して上には上がいることを知りました。ピアノを3歳から習っていたから、このまま大学でピアノをやってもいいかしらなんて思っていたけれど、入学早々に同級生が弾くピアノの演奏はレベルが全然違いました。彼女はリサイタルなどを開くプロの音楽家になりました。

中学3年の時、私は生徒会長を務めたのですが、その年の文化祭の企画でファッションショーをしてくれた同級生の黒石恵子さんは、現在、スカーフのデザイナーとして活躍しています。彼女が入っていた家庭科研究部は毎年、クッキーか何かを焼いて出していたのですが、「今年は何かちがうことやろうよ。ファッションショーどう?」って私が声をかけたのです。その後、「あのファッションショーが私のキャリアの出発点だった」と言ってくれて、うれしかったですね。

キャリア・マムを設立したときに、公認会計士として会社の財務をみてくれたのも、同級生です。「どんな会社にしたい?」と聞かれたので「強い会社にしたい」と答えたら、わかったと引き受けてくれました。節税対策にいそしむのではなく、初年度からしっかり納税して、健全な財務の会社にしましょうねって。おかげで、これまでに赤字は2回ほどしかありません。

こんなに多才で優秀な同級生がそろっていましたから、自信家だった私も天狗(てんぐ)になることもなくなりました。ナンバーワンになれそうにないから、自分はオンリーワンで行こうとニッチ戦略をとるようになったのも、このころの経験がもとになっていると思います。

(藤原仁美)

(下)フリーアナから出産契機に起業 決断支えた神戸女学院 >>

「リーダーの母校」記事一覧

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

管理職・ミドル世代の転職なら――「エグゼクティブ転職」

5分でわかる「エグゼクティブ力」
いま、あなたの市場価値は?

>> 診断を受けてみる(無料)

「エグゼクティブ転職」は、日本経済新聞社グループが運営する 次世代リーダーの転職支援サイトです

NIKKEI 日経HR

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン