2019年8月24日(土)

ユニバンス、EV向け駆動装置 25年量産めざす

2019/7/17 16:16
保存
共有
印刷
その他

ユニバンスは電気自動車(EV)などの電動車向けに電力消費を改善する駆動装置を開発する。電力量消費率「電費」を従来に比べて4~7%改善できるとみている。装置を搭載した試験車両を開発済みで、今後、電費の改善効果を検証する。2025年までに国内外の自動車や部品メーカー向けに量産化をめざす。

ユニバンスがGLMと協業し、EV向け駆動装置を組み込んだ試験車両を開発

新装置はEVやハイブリッド(HV)車向け。モーター2基とインバーター、2段階変速ができるギアを組み合わせた。モーターとギアの組み合わせで4つの走行形式を備える。車の速度などに応じて、モーターを効率良く動かす形式に自動で切り替えられる。

一般的なEVは大型で出力が大きなモーター1基とモーターの駆動力を高める減速機を使っている。ユニバンスによるとモーターの効率が良い走行形式にきめ細かく切り替えられず、電力を効率良く使えていなかった。

同装置の電費の改善効果の検証に向け、EVスタートアップ企業、GLM(京都市)と協業し、新装置を搭載したEVの試験車両を開発した。8月から試験車両を使って走行試験を始め、性能を確かめていく。同車両は17日に名古屋市で始まった自動車技術の展示会でもアピールする。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。