/

モスが高級店「プレミアム」 1500円バーガーも

昼セルフ→夜レストランに

モスフードサービスは19日、高級店「モスプレミアム」を横浜市に開業する。同社が手がける紅茶専門店「マザーリーフティースタイル」との複合店で、ハンバーガーを1個1000円超の価格帯で販売。夜はアルコールも提供する。カフェやレストランなど幅広い食事シーンに対応した旗艦店として展開する考えだ。

モスプレミアムはJR桜木町駅(横浜市)から徒歩2分の横浜桜木町ワシントンホテルのあるビル1階に開業する。昼はセルフサービス、夜はテーブル席からタブレットで注文すると料理が届けられるレストラン形式になる。

モスバーガーのミートソースなどを使うとともに、バンズやパティは刷新。ランチはハンバーガーとポテト、ドリンクのセットで1000~1500円、夜はハンバーガー単品を同じ価格帯で提供する。

夜はクラフトビールやつまみも準備し、レストランのような利用形態を想定する。ティースタイルとキッチンや客席を共有する複合店で、カフェ需要なども取り込む考えだ。

17日の発表会に出席した内田優子取締役は「プレミアムは旗艦ブランドの位置づけ。大規模に多店舗化する店舗ではないが、大都市を中心に出店を検討していきたい」と話した。

モスフードサービスは1999年にモスズシー、2015年にモスクラシックと高級店を試験的に出店してきた。今後はモスプレミアムに統一し展開する考えだ。消費者の食のニーズが多様化する中で、他のブランドを掛け合わせた出店も進みそうだ。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン