2019年8月19日(月)

四国4県の景気判断据え置き 日銀6月、個人消費堅調

西日本豪雨
2019/7/17 15:46
保存
共有
印刷
その他

日銀の高松、松山、高知の3支店と徳島事務所は4県の6月の金融経済概況をまとめた。3支店は「回復している」で据え置き、徳島は「回復を続けている」を維持した。個人消費の基調が引き続きしっかりしていることから判断を維持した。

愛媛の企業の生産活動は「足元では幾分弱めの動きとなっている」を維持。半導体製造装置では受注減少から生産水準を引き下げる動きが出ている。公共投資は着工ベースで西日本豪雨復旧の大型案件が出てきている。

高知は個人消費についての判断を「持ち直している」に引き上げた。奥野聡雄支店長は「大型小売店の販売動向が寄与した」と指摘し、理由としてゴールデンウイーク後の買い控えが終わったことなどを挙げた。

香川も消費の基調はしっかりしている。乗用車販売では各メーカーの新車投入効果がみられ、冷蔵庫などの白物家電も堅調な動きとなっている。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。