/

この記事は会員限定です

シズラーのサラダバーに「東京農家」の若者集結

編集委員 吉田忠則

[有料会員限定]

東京駅から歩いてすぐのところにある東京国際フォーラムの地下1階。グリル料理店「シズラー」に入ると、看板メニューのサラダバーを頼んだ人が、皿からこぼれそうになるほど山盛りに野菜を盛りつけていた。

ミニトマトやパプリカ、レタス、ブロッコリーなど色とりどりの野菜が並ぶ中、ケールとオニオンスライスを入れたポットには生産者のロゴを書いたプレートが付けてある。「東京NEO-FARMERS(ネオファーマーズ)!...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1479文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

食の進化論

農政から先進農家、スマート農業、植物工場、さらにカリスマシェフや外食チェーンなど「食と農」に関するテーマを幅広く取材してきた。著書に「見えざる隣人」「農は甦る」「コメをやめる勇気」「農業崩壊」。中国の駐在経験も。

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン