みらかHD、社会貢献債などで250億円調達

2019/7/17 18:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

臨床検査受託大手のみらかホールディングスは年内にも、社会的な課題の解決につながる事業に使途を限定したソーシャルボンド(社会貢献債)を発行する。同じような枠組みの借入金であるソーシャルローン(社会的融資)と合わせて計250億円を調達する。

調達資金は2021年春に稼働させる国内最大級の受託検査施設(東京都あきる野市)に導入する検査機器や情報システムなどに使う。

SMBC日興証券や三井住友銀…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]