2019年9月20日(金)

中高生国際Rubyプログラミングコンテスト、募集開始

BP速報
2019/7/17 15:00
保存
共有
印刷
その他

日経クロステック

「中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2019 in Mitaka」は15日、プログラミング言語Ruby(ルビー)による作品の募集を開始した。「ゲーム部門」と「クリエイティブ部門」の2部門があり、募集期間は9月30日まで。中高生国際Rubyプログラミングコンテスト実行委員会が発表した。2011年に始まったコンテストは今回が9回目の開催となる。

過去1年以内に中学・高校生の応募者が自らがRubyで作成したオリジナルプログラムを募集する。ゲーム以外のプログラム作品については、ウェブアプリケーションや各種ツール、ロボット制御プログラムなどを想定する。11月上旬の一次審査はRubyエンジニアによるソースコードレビューで、操作性や技術力、マニュアル作成能力などを審査する。レビュー結果は応募者にフィードバックされる。

一次審査を通過した約10組は12月7日の最終審査会でプレゼンテーションを行い、Ruby開発者のまつもとゆきひろ審査委員長などがそれを審査する。ゲーム部門、クリエイティブ部門各部門1組ずつに最優秀賞、優秀賞を授与する。

中高生国際Rubyプログラミングコンテスト2019 in Mitakaは、三鷹市が出資する第三セクターのまちづくり三鷹や、Rubyの普及推進組織であるRubyアソシエーションなどで構成する実行委員会が開催する。

(日経 xTECH/日経コンピュータ 中田敦)

[日経 xTECH 2019年7月16日掲載]

保存
共有
印刷
その他

日経BPの関連記事

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。