/

この記事は会員限定です

ドルトムントの経営哲学 足元と未来、同時に見詰め

編集委員 武智幸徳

[有料会員限定]

ドイツ・ブンデスリーガの強豪クラブ、ボルシア・ドルトムントでマーケティング部門のトップを務めるカルステン・クラマー最高マーケティング責任者(CMO)が先ごろ来日し、香川真司選手への感謝や日本との関係をさらに深めたいと語った。

今回の来日は、昨年6月にドルトムントと学術研究パートナー契約を結んだ帝京大の招きに応じたもの。7月5日には同大の学生を前に講演や冲永佳史理事長・学長と対談を行い、ドルトムント...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2022文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン