2019年8月20日(火)

フリマアプリで買い物、10代の5割に普及 博報堂1万人調査

2019/7/17 11:47
保存
共有
印刷
その他

博報堂がまとめた「消費1万人調査」によると、フリーマーケット(フリマ)アプリを利用して買い物をしている割合は10代で47%と半数にのぼった。全年代平均の利用率が約2割となるなか、10代と20代(36%)が高く、若い世代に急速に浸透している実態が明確になった。ネットスーパーの利用率は全年代で11%で、今後利用したい人は3割超となった。

調査名は「消費1万人調査」で「サービス利用実態・意向編」として16日に公表した。調査対象は全国の15歳から69歳で、1万人から有効回答を得た。調査期間は5月28日から6月1日。

インターネットなどを使った消費関連の17種類のサービスについて、利用動向と今後の利用意向を年代別に調査した。全サービスのなかで年代別利用率が最も高かったのが10代の「フリマアプリ(購入)」。約半数となる47%が利用しており、全世代平均の22%の2倍を超えた。「フリマアプリ(購入)」の利用率は年代が上がるにつれて減少する傾向がみられた。

現在の利用率と今後の利用意向の差が最も大きかったサービスは「ネットスーパー」だった。利用率が11%なのに対し、利用意向は33%だった。10代から60代すべての年代で利用意向は3割を超え、今後の伸びが見込まれる。2位は「インターネット上の家計簿サービスやアプリ」で、利用率が15%で利用意向が30%だった。

男女で利用率の差が大きかったサービスをみると、男性の利用が多かったのは「インターネットオークション(購入)」。男性の利用率が29%、女性が15%で14ポイントの差がついた。一方、女性の利用が多かった「フリマアプリ(出品・販売)」は女性が22%、男性が15%で7ポイント差がついた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。