/

この記事は会員限定です

役所や病院、増える屋外喫煙所

[有料会員限定]

受動喫煙対策の強化に向けて7月から一部施行された改正健康増進法で、「例外的」に設置を認めるとされた屋外喫煙所の新設が自治体の役所などで増えている。同法では行政機関や病院の敷地内は原則禁煙と規定された。屋外喫煙所は喫煙者が周辺の路上や公園でたばこを吸うことを防ぐ苦肉の策だが、専門家からは「法の趣旨に沿って完全禁煙を進めるべきだ」との声も上がっている。

「ほかに設置場所はなかったのか」「本当に喫煙室が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1134文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン