/

この記事は会員限定です

「止まらぬ工場」高精度に 生産自動化の盲点補う

安川電・ファナック モーターから情報、故障予測

[有料会員限定]

産業用ロボットで世界2強の安川電機ファナックが、工場の生産自動化を支援する新サービスに相次ぎ乗り出す。あらゆるモノがネットにつながる「IoT」や人工知能(AI)を活用し、センサーを通じて機器のモーターから稼働データを入手。故障などの不具合を高精度で予測し「止まらない工場」を後押しする。ハードだけでなく付加価値の高いサービスと一体で提供する事業モデルへの移行を急ぎ、国際競争力を高める。

製造業の現場では人件費の上昇...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1258文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン