2019年8月20日(火)

拳銃強奪1カ月 鑑定留置の容疑者、責任能力どう判断

2019/7/16 20:34
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大阪府吹田市の交番前で警察官が刺され拳銃が強奪された事件で、飯森裕次郎容疑者(33)は鑑定留置され、専門家の精神鑑定に委ねられている。大阪地検は鑑定結果を踏まえて10月に起訴の可否を判断するが、起訴した場合は裁判員裁判で刑事責任能力が争点になる可能性がある。16日で事件発生から1カ月。取り調べに黙秘を続けた容疑者の心身を専門家がどう評価するか注目される。

府警によると、飯森容疑者は6月17日の逮…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。