/

この記事は会員限定です

老後のお金、民間の試算相次ぐ 「50代の8割不足」も

[有料会員限定]

老後の暮らしには、どれぐらいのお金が必要なのか。金融庁の審議会が「2000万円が必要」との報告書を出したのを受け、民間調査機関が個別の事情を深掘りするなど独自の試算を相次ぎ公表している。どの機関も公的年金だけで生活水準を保つのは難しいとし、現役世代で十分な資金があるのは2割との試算も出た。資産運用に加え、長く働いて収入を得る環境づくりも欠かせない。

「今の50代で老後のお金を十分に持っているのは全...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1046文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン