2019年8月23日(金)

100兆円予算はや緩み 概算要求基準、歳出上限設けず

2019/7/16 20:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

令和時代初の予算編成のルールとなる概算要求基準作りが大詰めを迎えている。財務省は歳出上限を7年連続で見送り、社会保障の自然増を「6000億円程度」と前年と同水準にする方針だ。2019年度は当初予算が初めて100兆円に達し、財政膨張への懸念が高まったが、20年度も各省庁の要求総額の100兆円超えが確実。歯止めとなるべき基準の形骸化が進み、早くも財政規律の緩みを見せている。

「参院選があり、景気の先…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。