MMT提唱者ケルトン教授「中銀依存より財政政策」

2019/7/16 20:00
保存
共有
印刷
その他

記者の質問に答えるニューヨーク州立大のステファニー・ケルトン教授(16日、衆院第1議員会館)

記者の質問に答えるニューヨーク州立大のステファニー・ケルトン教授(16日、衆院第1議員会館)

インフレにならなければ財政赤字の膨張は問題ないとする学説「現代貨幣理論(MMT)」の提唱者であるニューヨーク州立大のステファニー・ケルトン教授は16日、都内で講演した。物価上昇を目指した金融緩和が続く日本の状況について「中央銀行の金融政策よりも、消費者の所得を向上させる財政政策の方がより直接的に機能する」と話した。

【関連記事】FRB対MMTの危うさ

ケルトン氏は「あまりに中銀に依存することは支持できない」と語った。民間の融資拡大を通じて機能する中銀の金融政策に比べ、所得増を直接もたらす財政政策の効果が大きいことを強調した。消費者の支出こそが経済のけん引役であり、「財政政策で人々の所得と自信を向上させることが必要」だと述べた。

ケルトン氏は経済成長のためのインフラ投資を例に挙げて、財源の有無を問題にするのではなく、労働力や生産設備などの需給状況によって、インフレが起きるかどうかを政策判断の基準にすべきだと話した。

その観点から財政を健全化するための増税には否定的な考えを示した。日本で10月に予定される消費増税について「税金は支出能力の調整を通じてインフレをコントロールするためのもの。インフレでないなら消費増税は意味をなしていない」とも述べた。

MMTは、通貨発行権を持つ国家は債務返済に充てる貨幣を自在に創出できるため、インフレにならなければ財政赤字で国は破綻しないと説く。米国では民主党のオカシオコルテス下院議員らの支持で注目された。

【関連記事】
現代貨幣理論MMTを問う(上) 目新しい主張、軒並み不正確
現代貨幣理論MMTを問う(下) 政策の枠組み、日本と相違
米国に学ぶ財政の理念 赤字容認論は危うい(加藤出)
「バブルやMMTブーム、低金利時代の必然」櫻川慶大教授
朝三暮四の経済政策(大機小機)
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]