2019年8月19日(月)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 5,677,707億円
  • 東証2部 68,009億円
  • ジャスダック 85,712億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.10倍 --
株価収益率13.21倍13.04倍
株式益回り7.56%7.66%
配当利回り2.16% 2.17%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 20,560.41 +141.60
日経平均先物(円)
大取,19/09月 ※
20,560 +170

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

8月16日(金)14:20

ユニゾ SBG系ファンドがTOB報道「きょう取締役会」[映像あり]

英領ジブラルタル当局 拿捕のイランタンカーを解放

8月16日(金)13:03

[PR]

スクランブル

フォローする

多角化企業に改革迫る 市場、日立などの分離を評価
証券部 武田健太郎

2019/7/16 20:21
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

多角化経営の企業に対して投資家による選別が急速に進んでいる。事業の分離を進める企業には買いが入り、総花的な経営を続ける企業の株価は低迷する。相場全体の膠着感が強まる中、投資家は業績が好調でも株価が割安なままに放置される多角化企業に事業の改革を迫っている。

約50兆円を運用する米有数の機関投資家、マサチューセッツ・ファイナンシャル・サービセズ・カンパニー(MFS)が日本株でひときわ注目する株式があ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

電子版トップマーケットトップ

スクランブル 一覧

フォローする

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。