/

この記事は会員限定です

多角化企業に改革迫る 市場、日立などの分離を評価

証券部 武田健太郎

[有料会員限定]

多角化経営の企業に対して投資家による選別が急速に進んでいる。事業の分離を進める企業には買いが入り、総花的な経営を続ける企業の株価は低迷する。相場全体の膠着感が強まる中、投資家は業績が好調でも株価が割安なままに放置される多角化企業に事業の改革を迫っている。

約50兆円を運用する米有数の機関投資家、マサチューセッツ・ファイナンシャル・サービセズ・カンパニー(MFS)が日本株でひときわ注目する株式がある...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り928文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン