東電が45億円を賠償へ カナダのウラン購入で

2019/7/16 19:03
保存
共有
印刷
その他

東京電力ホールディングスは16日、カナダのウラン生産大手カメコとの契約解除を巡り、約45億円の賠償金の支払いを命じられたと発表した。東電は2017年にカメコから原子力発電燃料の原料であるウラン精鉱を購入する契約を解除。カメコは解除が無効として国際商業会議所に仲裁を申し立て、約760億円の損害賠償を請求していた。

東電は賠償金などの費用を2019年4~6月期の決算に計上する見通し。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]