/

この記事は会員限定です

[社説]再び黄信号の中国経済に細心の注意を

[有料会員限定]

中国の2019年4~6月の実質経済成長率は6.2%だった。1~3月から0.2ポイントの低下で、1992年以降、最低となった。中国経済の行方に再び黄信号がともったかたちで、長引く米国との貿易戦争の影響をより正確に分析する必要が出てきた。

6月末の20カ国・地域首脳会議(G20サミット)の際、トランプ米大統領と習近平国家主席が会談し、貿易交渉の再開と対中追加関税の猶予を決めている。

だが、現状は米国側...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り727文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン