2019年8月24日(土)

イラン核合意、米ロと協議の意向 仏大統領

トランプ政権
イラン緊迫
2019/7/16 18:15
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

【パリ=白石透冴】フランスのマクロン大統領は15日、イラン核合意を巡り同国のロウハニ大統領、トランプ米大統領、ロシアのプーチン大統領と週内にも協議すると明らかにした。15日までに各国で対話再開の条件を探る計画だったが、進展がないまま期限を迎えていた。

「困難な状況だが、フランスは仲介者、交渉者としての役割を続ける」。マクロン氏は15日の記者会見でこう述べ、各国首脳と電話協議などの方法で対話を続け…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。