/

この記事は会員限定です

「ゴジラの里」に積もる危機

上級論説委員 飯野 克彦

[有料会員限定]

令和になってもゴジラは大暴れしている。5月末に公開されたハリウッド版の最新作「ゴジラ キング・オブ・モンスターズ」は迫力ある映像が魅力で、よくできた怪獣娯楽映画といえる。ただ、脚本への違和感や不満を示した論評も決して少なくない。

最大の争点は、衰弱したゴジラが核爆発で復活し、宇宙怪獣キングギドラと戦って地球を救う、という物語展開だろう。65年前に初登場したとき、ゴジラは核の脅威の象徴だった。それ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1426文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン