セーレン、液晶ポリ繊維の生産能力5割増強 イヤホンや産業向け開拓

2019/7/17 7:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

セーレンはスマートフォン用イヤホンや光回線のケーブルを覆う補強材などに使う液晶ポリエステル繊維の生産能力を2年後をメドに5割前後高める。子会社工場に数億円を投じて生産設備を導入する。同社の液晶ポリ繊維は髪の毛の半分ほどの細さでポリエステルの5倍以上の強度を持つ。イヤホンやスポーツ向けなど民生分野のほか、産業用途でも販路を開拓する。

子会社のKBセーレン(大阪市)の設備を増強する。現在、主力の北陸…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]