米ブラックストーン、日本の物流施設に1000億円

2019/7/17 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

米大手投資ファンド、ブラックストーン・グループは1000億円超を投じて日本国内で複数の物流施設を取得する。電子商取引(EC)大手、アマゾンジャパン(東京・目黒)が利用する物件も含まれる。海外に比べて普及が遅れている日本のECは成長余地が大きく、同事業に必須の物流施設は安定した収益が見込めると判断した。世界的な低金利を受け、一定の利回りを確保しやすい不動産投資の魅力が高まっている面もある。

ブラッ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]