/

この記事は会員限定です

ビットポイント社長「被害は5万人」 仮想通貨流出

[有料会員限定]

不正アクセスによって仮想通貨の流出が発生した仮想通貨交換所のビットポイントジャパン(東京・港)の小田玄紀社長が16日、東京都内で会見した。小田社長は「流出の対象は顧客5万人」と説明した。仮想通貨を管理するシステムのうち「ホットウォレット」と呼ばれる、インターネットに接続した部分が不正アクセスを受けた可能性が高い。アクセスするための暗号コード「秘密鍵」が不正使用された可能性があるという。

流出したのが取り扱う仮想通貨5種類すべてであることも公表した。内訳は、最も流出が大きかったのがビットコインで15億3000万円相当で、リップル...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り899文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン