世襲議員は問題? 「人材多様性損なう」「政策通」

2019/7/17 0:02
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

国政選挙のたびに世襲議員や候補の多さが話題になる。歴代の首相や閣僚の多くもそうだ。選挙に強い世襲議員は比較的若くして当選するため経験豊富で政策に詳しくなるとされる。一方で世襲議員が増えれば人材の多様性が損なわれ、時代の変化への対応力を失うという声も根強い。参院選を機に国会議員の世襲問題を考えてみたい。

「きょうもおつかれさまでした」。6月下旬の午後6時、関東地方のある駅前で参院選に立候補予定だっ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]