2019年9月23日(月)

コモンズ投信社長・伊井哲朗氏 秋に2万円割れも、日米貿易交渉を懸念 年末株高に期待

2019/7/16 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日経平均株価は秋に2万円割れの可能性もありそうだ。参院選後に本格化するとみられる日米貿易交渉の悪影響を市場が意識するためだ。通貨安の誘導を制限するなどの為替分野も駆け引きの材料となっている。警戒感から為替が円高・ドル安に推移すれば、日本企業の業績懸念が高まり日本株に売りが出そうだ。農業分野だけでなく、自動車の数量規制などで日本が大幅な譲歩を迫られるリスクもある。

夏にはいったん2万2000円台前…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。