/

電通、セガ系に出資 「ゲームノウハウ活用」

電通はセガゲームス(東京・品川)と日常生活や企業研修などにゲームの要素を取り入れる「ゲーミフィケーション」の分野で資本業務提携した。セガゲームス子会社に出資し、持ち分法子会社にした。ゲームのノウハウをプロモーションやコミュニケーションの分野に応用する。

電通が出資するのはセガゲームズ子会社のクロシードデジタル(東京・品川)で、取締役を派遣する。出資額や出資比率は非公表。

ゲーミフィケーションはサービスなどにゲーム性を取り入れて、サービス利用者の参加率や満足度を高めてもらう手法をさす。海外では消費者向けのキャンペーンや企業の研修などに導入されている事例が増えている。

クロシード社はセガゲームスのゲームの制作・運営のノウハウをゲーミフィケーションに活用しており、サービスの企画やコンサルティング、運用などを一貫して手掛けている。

電通の資本参加を契機に、顧客企業向けのゲーミフィケーションのノウハウを体系化し、知的財産として活用するほか、新サービスの開発などを進める。電通の顧客ネットワークを活用して、広告や企業研修などの分野で需要を開拓したい考えだ。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン