/

積水ハウス、ロボやドローンで住宅点検、クラウド経由で即時診断

積水ハウスは16日、自社で建てた戸建て住宅を対象に、複数のロボットやドローンを使った点検サービスを8月1日から始めると発表した。床下や屋根などをカメラで撮影し、クラウド経由で画像をオフィスと共有。専門スタッフが不具合の有無を即時に診断する。

「スマートインスペクション」の名称で展開する。同社が独自に行っている戸建て住宅の定期点検のうち、引き渡し後10年、20年、30年の時期に無料で行う。具体的にはドローンを飛ばして屋根の上を、2種類のロボットを活用して床下や天井裏の様子を搭載カメラで撮影。オフィスに待機する同社の専門スタッフがすぐに画像を確認し、不具合がないかどうかを診断する。

現状は2人かがりの点検を1人で行い、時間も短縮できる。現状の屋根の点検は高所カメラを移動させながら撮影するため時間がかかり、屋根の形状によっては撮影できない箇所もあるが、ドローンによる点検は5分程度で済み、全ての箇所を詳細に確認できる。床下や天井裏の点検では作業員が潜り込むなどの負担が無くなるため、作業員の人手不足や高齢化にも対応する狙いがある。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン