/

あおぞら銀、「大人」向けアプリ 預金金利高めに

あおぞら銀行は16日、主に40歳代の顧客を想定した新たなネットバンキングサービスを始めたと発表した。普通預金の金利を年利0.2%と業界最高水準に設定。専用アプリで「大人」向けの旅行や飲食の情報を配信する。あおぞら銀の個人顧客は60代が多く、手薄なシニア手前の世代を掘り起こす。

既存のネット支店を「BANK」の名称に衣替えした。従来0.1%だったネット支店の金利を2倍にし、デビットカード機能では最大1%分を現金還元する。飲食や旅行などの目標を立て、デビットカードで決済した金額の一定割合を上乗せして自動貯金できる機能も盛り込んだ。上乗せ割合は顧客が設定できる。

あおぞら銀の顧客は50~70代が7割を占める。別ブランドで個人の裾野を広げ、資産運用の相談などにつなげる狙い。馬場信輔社長は16日の記者会見で「これまであおぞら銀になじみなかった方に対して、認知度を上げていきたい」と話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン