2019年8月23日(金)

ミニ肝臓作製、臨床研究へ 谷口英樹・横浜市立大学教授に聞く

2019/7/17 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

病気や事故で傷んだ組織の働きを取り戻す再生医療で、様々な臓器の再生研究が進んでいる。肝臓は再生能力が高いものの、多くの作用を持ち合わせている点で難度が高いとされる。30年近く肝臓作製の研究を続け、今秋にもiPS細胞などでつくる「ミニ肝臓」で臨床研究の計画を申請する谷口英樹・横浜市立大学教授に研究の将来を聞いた。

――肝臓作製の研究はどんな経緯で進みましたか。

「1989年、日本人研究者が肝臓の再…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。