/

この記事は会員限定です

認知症薬、まだ諦めない エーザイ社長の執念

[有料会員限定]

世界のメガファーマの向こうを張って「人類最後の敵」認知症への挑戦を続けているのがエーザイだ。3月に最も有望だった新薬の開発を断念、株価は今も低迷するが、社長の内藤晴夫は依然意気軒高だ。エーザイの売上高は約6000億円と世界40位前後。10倍規模の開発費を持つメガファーマですら難渋する認知症薬の開発に総力戦で挑む内藤は空気が読めないだけの「KY社長」に終わるのか。それとも米アップルのスティーブ・ジョブズのよ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3656文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン