悩み多き高齢者の住まい 菊池浩史氏
不動産鑑定士

私見卓見
2019/7/17 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

超高齢社会は定年後の時間が長い。人生の幕の下ろし方を考える「終活」はさかんだが、その手前にある長い老後を元気に過ごす「老活」が必要な時代である。老活に欠かせないのが住まいだ。どこで、誰と、どのように住むか。ここでは「住まいの老活」について提言したい。

高齢者にとって高齢期の住まいは難題だ。有料老人ホームやサービス付き高齢者向け住宅、特別養護老人ホームなどの施設、公的賃貸物件など多様な選択肢がある…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]