2019年9月21日(土)

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,079.09 +34.64
日経平均先物(円)
大取,19/12月 ※
21,910 +40

[PR]

円ドルダービー

フォローする

円・ドルダービー 柴田氏「米金利に底打ち感」

2019/7/20 2:00
保存
共有
印刷
その他

読者が為替相場の予想を競う円・ドルダービーの第209ラウンドは埼玉県加須市の宮内俊明さん(80)がトップに立った。宮内さんは6月末終値の107円63銭を見事に読み当て、ピタリ賞にも輝いた。

6月の取引最終日の28日午後、円相場が自らの予想に近いとテレビで確認した宮内さん。上位入賞への期待を膨らませて翌日の朝刊を開くと、終値は予想値と一致していた。「こんなことありえるのか」というほど驚いたという。

筋肉トレーニングやゴルフを楽しみながら、新聞から経済情報を得るのが日課という。副賞の図書カードを「子や孫にあげるのが楽しみ」と話していた。

2位に入った愛知県岡崎市の杉浦均さん(69)は外貨運用の参考にダービーの予想を始めて5年ほどがたつ。養蜂業を営み、自治体からの依頼でスズメバチの駆除にも取り組んでいるという。

杉浦さんが次回の9月末相場を予想する上で気にするのは、米連邦準備理事会(FRB)による利下げ路線をどう見るかだ。この点で市場関係者の見方は分かれる。

プロ部門で今回1位だった東海東京調査センターの柴田秀樹氏は「米金利には底打ち感が出ており、これまで金利差縮小で進んできた円高は修正されるだろう」と読む。FRBが景気悪化を予防するための利下げは「株式市場にとって好材料で、資金が米国株に流れることも円安を後押しする」と解説。9月末にかけては「1ドル=110円を目指す動きとなる」と予想していた。

一方、プロ2位だったみずほ銀行の唐鎌大輔氏は「9月末にかけて105円台の円高もありうる」と柴田氏とは対照的な見方をしていた。米景気の悪化傾向が止まらず、「FRBの利下げがさらなる金利低下につながる」というのが根拠だ。「過去5年続いたドル高が巻き戻される流れだろう」と話していた。

【円・ドルダービー、次回は9月末の予想を募集】
 次回の円・ドルダービーの予想締め切りは8月31日です。9月30日の東京外為市場の円・ドル相場(午後5時の終値、値幅の左側の数字)の予想を募集します。
 ★電子版からも応募できます。応募の締め切りは8月31日24時。はがきとの重複応募は無効になります。
 ☆はがきでの応募は8月31日の消印有効。
 はがきの場合は、(1)9月末の円・ドル相場(1ドル=○○円○○銭)(2)予想の根拠(3)氏名(ふりがな)(4)電話番号(5)住所(6)年齢(生年月日)(7)職業――を書いてください。
1人1予想に限ります。複数応募や必要事項の記入漏れは失格になることがあります。
 宛先 〒100-8691 日本郵便(株)銀座郵便局 私書箱399号 日本経済新聞社 経済解説部 円・ドルダービー係
 入賞者には図書カードを進呈。1位は3万円、2位は2万円、3位は1万円、4位以下の入賞者には5000円です。ピタリ賞もあります。

【日経平均ダービー、次回は9月末の予想を募集】
 次回の日経平均ダービーの予想締め切りは8月31日です。9月30日の日経平均株価終値の予想を募集します。
 ★電子版からも応募できます。応募の締め切りは8月31日24時。はがきとの重複応募は無効になります。
 ☆はがきでの応募は8月31日の消印有効。
 はがきの場合は、(1)9月末の日経平均株価(算用数字で円単位、銭は切り捨て)(2)予想の根拠(3)氏名(ふりがな)(4)電話番号(5)住所(6)年齢(生年月日)(7)職業――を書いてください。
1人1予想に限ります。複数応募や必要事項の記入漏れは失格になることがあります。
 宛先 〒100-8691 日本郵便(株)銀座郵便局 私書箱399号 日本経済新聞社 経済解説部 日経平均ダービー係
 入賞者には図書カードを進呈。1位は3万円、2位は2万円、3位は1万円、4位以下の入賞者には5000円です。ピタリ賞もあります。

日経平均・円ダービーでは、読者の皆さんの投票を募集しています。詳細は上記の募集要項をご覧ください。日経平均ダービーへの応募はこちら、円・ドルダービーへの応募はこちらから投票してください。*会員限定

円ドルダービーをMyニュースでまとめ読み
フォローする

保存
共有
印刷
その他

記事の理解に役立つランキングやデータはこちら

為替関連のデータ&チャート

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップマーケットトップ

読まれたコラム

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。