ドコモ、羽根なしドローン 超音波振動でふわり

2019/7/17 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

NTTドコモがプロペラを持たないドローン(小型無人機)を開発した。機体本体はヘリウムガスを入れた球体状の風船で、その側面に取り付けた小型の冷却用機器から風を送り出して動く仕組みだ。ドローンの羽根が人や物にぶつかる恐れをなくし、落下時の事故の危険性も抑えた。人の多いイベント会場など屋内での利用を見込んでいる。

■屋内でも飛ばせるドローン

ドコモは4月、球体型ドローンを開発したと発表した。開発にあたっ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]