/

この記事は会員限定です

古墳時代の基礎知識、世界遺産登録で古代日本に注目

ビジュアル教養入門

[有料会員限定]

百舌鳥(もず)・古市古墳群(大阪府)の世界遺産登録を機に古墳が注目を集めている。ただその数は全国に約20万基にも上り、形態も多種多様で全体像が分かりにくい。よく耳にするキーワード「前方後円墳」「横穴式石室」を軸に、2人の考古学者に解説してもらおう。

大阪府高槻市にある今城塚古墳を訪ねた。全長約180メートルの前方後円墳で、築造されたのは6世紀。墳丘が崩れて埋葬施設は現存していないが、横穴式石室が...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り2817文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン