弁護士スキルで社会貢献 広がるプロボノ
NPO増加、CSR意識の高まりが追い風に

法務インサイド
2019/7/17 4:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

大きなディールを動かし、多額の報酬を得る。そんなイメージがあるビジネス弁護士の間で、法律の知識を生かして無償で社会貢献をする「プロボノ」活動がじわりと広がっている。社会問題をビジネスで解決するソーシャルスタートアップやNPOの活動が広がり、弁護士のスキルが求められる場面が増えてきた。大手弁護士事務所が活動を後押しするようになったのは、企業の社会的責任(CSR)を意識する顧客が増えるといった情勢の…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]