/

大企業の賃上げ、6年連続2%台 経団連最終集計

経団連は16日、2019年の春季労使交渉の最終集計の結果をまとめた。大手企業の定期昇給とベースアップ(ベア)を合わせた賃上げ率は2.43%で、18年と比べて0.1ポイント下がった。米中貿易摩擦などで景気の先行き不透明感が強く、賃金引き上げに慎重な企業があった。一方で人手不足で従業員の処遇を改善する企業も多く、6年連続で2%台を維持した。

従業員500人以上で東証1部上場の企業を中心に17業種114社をまとめた。賃上げ率は3年ぶりに前年を下回った。金額は月8200円増で18年を339円下回った。

12年12月からの景気回復や政府の賃上げ要請を受け、14年から6年連続で2%台の賃上げ率を維持している。足元では景気の先行き不透明感が強まっているものの、経団連は「賃金引き上げの動きは続いている」としている。

業種別で賃上げ率が最も高かったのは造船の2.72%だった。建設が2.67%、自動車が2.62%と続いた。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン