2019年8月17日(土)

大企業の賃上げ、6年連続2%台 経団連最終集計

2019/7/16 13:24
保存
共有
印刷
その他

経団連は16日、2019年の春季労使交渉の最終集計の結果をまとめた。大手企業の定期昇給とベースアップ(ベア)を合わせた賃上げ率は2.43%で、18年と比べて0.1ポイント下がった。米中貿易摩擦などで景気の先行き不透明感が強く、賃金引き上げに慎重な企業があった。一方で人手不足で従業員の処遇を改善する企業も多く、6年連続で2%台を維持した。

従業員500人以上で東証1部上場の企業を中心に17業種114社をまとめた。賃上げ率は3年ぶりに前年を下回った。金額は月8200円増で18年を339円下回った。

12年12月からの景気回復や政府の賃上げ要請を受け、14年から6年連続で2%台の賃上げ率を維持している。足元では景気の先行き不透明感が強まっているものの、経団連は「賃金引き上げの動きは続いている」としている。

業種別で賃上げ率が最も高かったのは造船の2.72%だった。建設が2.67%、自動車が2.62%と続いた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。