英、新50ポンド紙幣に暗号解読の第一人者
中銀発表、21年末までに流通

2019/7/16 0:50
保存
共有
印刷
その他

【ロンドン=中島裕介】英イングランド銀行(中央銀行)は15日、新しい50ポンド紙幣の肖像に英数学者のアラン・チューリングを採用すると発表した。カーニー総裁は声明で「傑出した数学者で、我々の現在の暮らしに大きな影響を与えた」とチューリングを選んだ理由を説明した。2021年末までに流通が始まる予定だ。

英中央銀行イングランド銀行が公表した新たな50ポンド紙幣のデザイン(共同)

チューリングは日本ではあまりなじみのある名前ではないが、同氏の生涯を描いた映画が制作されるなど欧米では有名な暗号解読の第一人者だ。第2次大戦中には、ナチス・ドイツの暗号通信「エニグマ」の解読に貢献し、連合国の勝利につながった。その後は初期のコンピュータ開発を手掛け、「人工知能(AI)の父」とも呼ばれる。

現在流通している50ポンド紙幣には蒸気機関の発明家のジェームズ・ワットら2人の肖像が使われている。新紙幣では紙製から薄いプラスチックを用いた「ポリマー紙幣」を採用する。従来の紙幣より長持ちし、偽造しにくくなるという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]