中国成長率6.2%に減速、1992年以降で最低 4~6月
貿易戦争が重荷、投資・消費振るわず

2019/7/15 11:00 (2019/7/15 11:40更新)
保存
共有
印刷
その他

【北京=原田逸策】中国国家統計局が15日発表した2019年4~6月の国内総生産(GDP)は、物価の変動を除いた実質で前年同期より6.2%増えた。1~3月期から0.2ポイント縮小した。リーマン・ショック直後の09年1~3月期を下回り、四半期ベースで統計を遡れる1992年以降で最低だった。長引く米国との貿易戦争が重荷となり、輸出や投資が振るわなかった。

【関連記事】中国GDP、20年倍増に黄信号 4~6…
保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]