/

16歳望月、四大大会ジュニア初優勝 男子テニス史上初

【ウィンブルドン=原真子】テニスのウィンブルドン・ジュニア選手権は14日、ロンドン郊外のオールイングランド・クラブで行われ、男子シングルス決勝は第8シードの望月慎太郎(Team YUKA)がカルロス・ヒメノバレロ(スペイン)に6-3、6-2で勝ち、四大大会ジュニアの同種目で日本勢初優勝を果たした。

四大大会ジュニアで日本勢が優勝するのは1969年全仏オープンとウィンブルドンの女子シングルスを制した沢松和子以来、50年ぶり2人目。

バックハンドのエースで優勝を決めると、いつものように観客に向かってお辞儀した。「快挙と言われても実感ない。大会をまず優勝できたことは成長だと思う」

決勝の舞台はセンターコートの次に大きな1番コート。「シャイなので、なんでここでやんなきゃいけないんだろうと思った」。消え入るような英語で答えたものの、試合になると1球ごとに声を出し、ショットが決まると雄たけびをあげる。「試合になると気にしないタイプ。大舞台が好きなのかもしれない」

ウィンブルドン・ジュニア選手権の男子シングルス決勝でプレーする望月=共同

今大会は初戦から厳しい試合だったものの、競り勝ってきた。決勝は強打で押す相手に張り合いつつ、機を見ては好きなネットプレーを繰り出し、危なげなく勝った。

四大大会ジュニアの優勝者にはロジャー・フェデラー(スイス)、シモナ・ハレプ(ルーマニア)らプロでもトップで活躍する選手は多い一方、くすぶっている選手も同じくらいいる。「(今大会)トップ選手に勝てているのは自信になる。でも、この優勝で調子に乗るのは絶対によくない」。真面目な性格の望月に浮かれたところはない。

錦織圭(日清食品)らを輩出した盛田ファンドの支援を受け、12歳から米フロリダ州のIMGアカデミーの指導を受け、13歳で拠点を移した。錦織ともちょくちょく練習し、アドバイスをもらっているそう。「これからも自分のやっていることを積み重ね、自分だけのテニスを作りたい」と謙虚に話した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン