2019年8月19日(月)

本人確認、地銀も厳格化 19年秋に預金規定改定へ
メガバンクに続きマネーロンダリング対策

2019/7/15 0:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

地方銀行がマネーロンダリング(資金洗浄)対策を強化するため、今年秋に普通預金などの規定を改める。銀行口座の保有者に職業や使途を確認し、応じなければ入金や引き出しの制限を検討する。3メガバンクは6月にこうした内容を盛り込んだ規定に見直しており、全国の銀行が厳格化で足並みをそろえる。

【関連記事】メガバンク、既存口座も本人確認 不審取引の監視強化

福岡銀行と千葉銀行、静岡銀行は9月、横浜銀行や常陽銀行…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報

新しい日経電子版のお知らせ

より使いやすく、よりビジュアルに!日経電子版はデザインやページ構成を全面的に見直します。まず新たなトップページをご覧いただけます。

※もとの電子版にもすぐ戻れます。