比例代表も自民が優位 参院選情勢

参院選2019
経済・金融
2019/7/14 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本経済新聞社の参院選情勢調査によると、改選定数50を争う比例代表でも与党が優位な展開になっている。自民党は改選の19議席を超える可能性があり、複数議席の上積みを視野に入れる。

【関連記事】改憲勢力3分の2に迫る 参院選情勢調査

自民党は比例代表に33人を擁立した。前回2016年参院選の25人より増やした。隣接2県による「合区」の選挙区を地盤とする2候補については優先して当選する「特定枠」としてい…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]